カブゴリン(カベルゴリン)は早漏対策で使わない方がいい

 
カベルゴリンは、パーキンソン病の治療のための薬効成分です。
(パーキンソン病とは、脳に異常が起きて、手足が震えるなどの症状が出る病気です。)

カベルゴリンを含んだ薬は「カバサール」とジェネリック医薬品の「カブゴリン」があります。

 

本来はパーキンソン病治療で使うはずのお薬なのですが、
性欲亢進、ED改善、早漏改善の効果があったという報告がされています。
「カブゴリン(カベルゴリン)は早漏対策で使わない方がいい」の続きを読む…

危険! 鎮痛薬リリカを早漏防止目的で飲まないで!

 
リリカ(成分:プレガバリン)とは、主に神経痛に対して処方される鎮痛薬です。

本来は痛み止めの薬なのですが、
一部では早漏防止にも効果があるといわれています。

 

因果関係は定かではありません。

おそらくリリカは脳に作用する薬なので、
副次的な作用として射精が遅くなるのでしょう。

そもそも早漏の一番の原因は、精神的なもの。
つまり原因は脳内にあるわけですから、
脳に作用するリリカを服用すれば、
脳内に何かしらの変化が起こり、早漏が解消する
としてもおかしくありません。
「危険! 鎮痛薬リリカを早漏防止目的で飲まないで!」の続きを読む…

東京レオンクリニックの口コミと評判 早漏症治療は?

 
東京レオンクリニックはEDなど男の悩みを専門とするクリニックです。
早漏についても治療対象としています。

この記事では、東京レオンクリニックの早漏治療の内容と
口コミ評判について見ていきます。
「東京レオンクリニックの口コミと評判 早漏症治療は?」の続きを読む…

ムズメンとフェミニーナ軟膏を早漏対策に使うと危険!?

 
ムズメンは、男性の股間のかゆみ止めクリーム。
フェミニーナ軟膏は、女性のあそこのかゆみ止めクリームです。
どちらも小林製薬が販売しています。

本来は、かゆみ止めに使う薬なのですが、
ネットでは早漏防止に効果があるといわれています。
「ムズメンとフェミニーナ軟膏を早漏対策に使うと危険!?」の続きを読む…

東京ノーストクリニックの早漏治療手術の評価

東京ノーストクリニックといえば、
包茎手術で有名なクリニックです。

男性誌でよく広告を出しているので、
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

東京ノーストクリニックでは
メインの包茎手術の他に、早漏治療もおこなっています。

今回は、その治療内容と効果を評価したいと思います。
「東京ノーストクリニックの早漏治療手術の評価」の続きを読む…

ペガスデレイローションで効果がない人の早漏の原因とは?

 
ペガスデレイローションは、早漏防止クリームとして
そこそこ売れている商品です。

口コミをみると、ほとんどが「効果があった!」というものばかりでした。

 

しかし、もちろん全ての早漏に効くわけではありません。

「あまり効かない」という声もありました。
「ペガスデレイローションで効果がない人の早漏の原因とは?」の続きを読む…

早漏対策教材で早漏は治りますか?

 

早漏対策教材を買えば、早漏は治るのか?

疑問に思っているかもしれません。

 

早漏対策教材とは、主にPDFと動画によるオンラインコンテンツです。
(要は、電子書籍に動画が付いたものです。)
本屋に並ぶ書籍に比べて値段が高いのが特徴です。

「これで早漏が治るなら・・」と思って
買う人も少なくありません。

本当に教材を買って実践するだけで
早漏は改善するのでしょうか?

徹底解説します。
「早漏対策教材で早漏は治りますか?」の続きを読む…