遅漏になりたい! | 遅漏になる方法とは?

022

 

「遅漏になりたい!」
と憧れる男性は多いです。

遅漏になれば好きなだけパンパン言わせて、
女をイカせることができそうですからね。

 

遅漏の是非はここでは置いといて、
まずは遅漏になる方法を教えましょう。

 

遅漏になる方法

遅漏になる方法は実にシンプルです。

遅漏の原因になることをすればいいだけです。

遅漏の原因とは、すなわち、
刺激に強いオナニーをすること。

これに尽きます。

 

具体的には、

  • 過激なAVをおかずにする
  • 超可愛い女優をおかずにする
  • 手で強くペニスを握りしめてシコる
  • 締めつけの強いオナホールを使う
  • 床オナニーをする

など、
とにかく現実のSEXよりも強い刺激を与えればいいです。

そうすれば遅漏になります。

 

【注意】遅漏も深刻な悩みです

実は近年、遅漏の男性が増えています。

過激なAV、2次元のエロアニメ、
本物の膣よりも気持ちいいオナホール
など強い性的刺激をオナニーで手軽に得ることができるため、
いざ現実のSEXとなると興奮しなくなるからです。

 

「早漏よりもマシ」と思うかもしれませんが、
遅漏は早漏よりも深刻な悩みですよ。

早漏は膣内に射精できるので、
女性は妊娠できます。
なので、生殖行為としては何ら問題ありません。

しかし、遅漏は膣内で射精できない場合があり、
最悪、子供を作ることができません。(男性不妊症

また、仮に長時間ピストンすれば何とか射精できるとしても、
女性にとって体力的に負担になるだけでなく、
性交痛を招く原因となります。

そういった理由から、早漏よりも遅漏が嫌いという女性の方が圧倒的に多いです。

 

あなたが早漏だとして、遅漏に憧れる気持ちはわかりますが、
本当に遅漏になってしまったら、さらに厄介になることを知っておいてください。

 

遅漏ではなく射精コントロールできる男になろう

早漏は女性がイク前に自分がイッてしまうこと、
遅漏はイキたくてもイケないこと。

どちらも射精コントロールできない”射精障害”であることに変わりはありません。

早漏でも遅漏でもなく、
理想は、自分がイキたいと思った時にイケることではないでしょうか。

 

遅漏にまでならなくても、
せいぜい15分くらい持続できれば、女性は十分満足かと思います。
(東邦大学医学部の調査では、女性が希望する挿入時間の平均は約15分というデータがあります。)

女性を満足させたら、あとは気持ち良く射精しましょう。

それ以上の時間ピストンしても、女性は疲れるだけですから。

 

射精をコントロールする方法とは?

射精コントロールできるようになることは、
遅漏になることとは違います。

なので、さきほど紹介したような遅漏になるオナニーはしてはいけません。

挿入時間を今よりも延ばし、かつ
射精をコントロールできるようになるには、
もっと違う方法でオナニーをする必要があります。

 

私は昔は3分程度の早漏でしたが、
この方法でオナニーをしたところ、
15分以上ピストンできるようになりました。
好きな時にイケるので、遅漏にはなっていません。
最高です。

くわしくは、私が実践した早漏対策マニュアルのレビューで解説しています。

アンケート