早漏の原因は遺伝なのか?

dna

 
一部で「早漏の原因は遺伝である」と言われています。

低身長の原因が親の遺伝であるように、
早漏の原因も、生まれつきの性質だということです。

 

果たして、本当に早漏の原因は遺伝なのでしょうか。
また、そうだとしたら解決策はあるのでしょうか。

徹底調査しました。

 

早漏の原因は遺伝子にあり!?

調査の結果、
早漏と遺伝子の関係について言及した科学論文が幾つか見つかりました。

読んでいてまず驚いたのがこちらです。

 

ネズミにも早漏がいる

複数の論文から
ネズミにも早漏がおり、それは遺伝子で決まることがわかりました。

これはかなり衝撃的でした。

 

一般的に早漏の原因は、
自慰のやり方、セックスの不慣れ、緊張感といったものだとされます。

しかし、ネズミの場合、そういった事とは全く無縁です。

そのネズミでも早漏になるということは、つまり、
早漏は後天的なものではなく、先天的なものであることを示唆しています。

 

早漏とドーパミン遺伝子の関係

また、フィンランドのPekka Santtila博士は、
「早漏は、ドーパミンに関わる遺伝子に異常があることが原因である」と指摘しています。

実験で18歳から45歳までの男性1,300人に挿入時間を質問し、
そのうえで遺伝子を調べたところ、
早漏の男性はDAT1に異常があることがわかりました。

DAT1とは、DOPAMINE TRANSPORTER 1の略で、
ドーパミンを運ぶ役割を物質のことです。

この遺伝子に何らかの異常があり、
脳にドーパミンが十分に送られなければ、早漏になるようです。

 

早漏とセロトニン遺伝子の関係

さらに、オランダのユトレヒト大学の研究では、
「早漏は、セロトニンを制御する遺伝子に原因がある」ことがわかっています。

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の一種で、
主に精神安定に関わる作用をしています。
(セロトニンが不足すれば、心が不安になり、鬱病になることがあります。)

 

実験によれば、
180人の男性を対象に挿入時間を計測し、
早漏の男性とそうでない男性を分けたところ、
早漏の男性はセロトニンを制御する遺伝子に問題があることがわかりました。
この遺伝子のせいで、常にセロトニンが不足しているそうです。

セロトニンが不足すると、交感神経が優位になりやすく、
すぐ射精してしまいます。
だから、早漏になるのです。

 

現在、この「早漏の原因=セロトニン遺伝子」説が最も有力な説です。

セロトニンは、ドーパミンの分泌を制御する働きがあることから、
さきほどの説とも関連性がありそうですね。

 

いずれにせよ、近年の研究で
「早漏は遺伝によるものだ」という事が、
ある程度、立証されている
ことがわかりました。

 

早漏の原因が遺伝だった場合の解決策

では、仮に早漏の原因が遺伝だとして、
解決策はあるのでしょうか。

 

1つの方法は、SSRI薬を飲むことです。

SSRI薬とは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、
セロトニンの量を増やす効果があります。

本来は鬱病治療に使われるものですが、
近年では早漏治療にも使われることもあります。

さきほど話したように、
早漏の原因は遺伝子によってセロトニン不足に陥っていることですからね。

早漏治療用のSSRI薬としてはプリリジーが有名です。

プリリジーは、大手製薬会社ジョンソン&ジョンソンが開発した
世界初の早漏治療薬。

臨床試験によって早漏防止に効果があることが確認されています。

すでにヨーロッパでは販売中です。

 

しかし、一方で、
まだ十分な安全性が検証されていないことから
アメリカと日本では認可されていません。

実際、プリリジーには下痢・めまいといった強い副作用や
薬物依存のリスクがあります。

 

薬を使わずに治す方法

もう1つが、薬を使わずに早漏を治す方法です。

この方法では、
あるテクニックを使って興奮をコントロールします。

 

結論からいえば、私はこれで早漏を治しました。

くわしくは以下の記事をご覧ください。

私が実践した早漏対策マニュアルのレビュー

 

アンケート