40代50代中年で早漏なら、衰弱性早漏の疑いあり

oldman

 
「もういい歳なのに、早漏なんて・・」
と嘆いていませんか。

 

早漏といえば、性経験が乏しい10代20代の若者の悩み。

通常は、年齢を重ねて経験をつめば、
射精をコントロールできるようになります。

40代50代のベテラン世代には無縁なものだと思われがちです。

 

しかしながら、近年の研究では、
経験豊富な中年男性でも早漏になりやすいことがわかっています。

 

40代50代の中年男性に多い衰弱性早漏

早漏の原因は実に様々ですが、
中年男性に多いのは射精閉鎖筋の衰えによる早漏です。

 

あなたは最近、尿の切れが悪くなったと思ったことはありませんか?

40代50代ともなると、トイレを済ませた後に残尿感がして、
ジワーとパンツに尿漏れしてしまうことがあります。
これは、加齢とともにおしっこを止める筋肉が衰えているために起こる現象です。

 

早漏に関しても同じことが言えます。

尿を止める筋肉があるように、
人体には射精を止める筋肉が存在します。
それが射精閉鎖筋です。

この射精閉鎖筋は、歳をとると衰えていきます。

射精閉鎖筋が衰えると、
射精を止めることが困難になるので、
結果として早漏になります。
(このような早漏を特に衰弱性早漏といいます。)

 

射精閉鎖筋が衰えると、射精する際は、
ドピュドピュと勢いよく出るのではなく、
ジワーと精液がにじみ出ます。

まるで尿漏れをしたような感覚です。

これでは男として情けないですよね・・。

 

衰弱性早漏の治療方法

衰弱性早漏を治すには、射精閉鎖筋を鍛えるしかありません。

しかし、直接的に鍛えるのは医学的に困難であるため、
ある筋肉を鍛えることで間接的に射精閉鎖筋を鍛えることになります。

AV男優スパーキー佐藤の早漏対策では、
このトレーニング方法をくわしく解説しています。

興味がある方はチェックしてみてください。
     ↓↓↓

「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」を本音でレビュー

 

アンケート