早漏防止にキシロカインゼリーをおすすめできない理由

doctor21

 
キシロカインゼリーとは、麻酔成分キシロカイン(リドカイン)を配合した
ジェルタイプの塗り薬です。

本来、医療現場で局部麻酔剤として用いるものですが、
その麻酔効果から早漏防止のために使う人もいます。

しかし、はっきり言って、おすすめできません。

なぜなら、キシロカインゼリーは過去に死亡例があるからです。

 

キシロカインゼリーによるショック症状の事例

医療過誤判例集によれば、
検査の際にキシロカインを使用したところ、ショック症状で死亡した
という事例がありました。

以下、要約です。

内視鏡検査をするための麻酔として、准看護師は、
患者にスコンドロップを5ml投与し、
キシロカインビスカスを口に含ませ、
キシロカインポンプスプレーを咽頭部に噴射し、
さらに内視鏡にキシロカインゼリーを塗った。
その後、医師が内視鏡を入れたところ、
患者が突然、全身けいれんをおこし危篤状態に陥った。
必至の救命措置をおこなったが、2時間後に死亡が確認された。

 

もちろん、これは極端なケースです。
数万件に1件あるかないかくらいの確率でしょう。

しかし、死に至ることはないにせよ、
キシロカインによるショック症状は、これ以外にも報告されています。
100%安全とは言えません。

 

また、仮に効果があったとしても、一時的なものです。
キシロカインゼリーがなければ早漏のままであることには変わりません。
根本的な解決にはならないのです。

 

ゆえに、キシロカインゼリーを早漏防止のために使うのは、
おすすめできません。

一時的な効果のためにリスクを取る必要はないと思います。

 

早漏を治したいのなら、AV男優スパーキー佐藤の早漏対策といった
もっと安全な方法を試みてほしいです。

 

アンケート