超早漏でつらい、嫌だ、死にたい

nayamu-otoko4

 
早漏はつらいです。

嫌なものです。

私も昔は超早漏だったので、わかります。

 

思わず死にたいと思った

あれは23歳で風俗で童貞を卒業した時のこと。

相手は、年上のきれいなお姉さんタイプでした。

めちゃめちゃ緊張したのを今でも覚えています。

 

体を洗い、フェラをしてもらい、
いざ騎乗位で挿入する瞬間のことです。

「うっ」
とつい漏らしてしまいました。

 

この時は「はじめてのセックスだから、こういう事もあるだろう」
と自分に言い聞かせました。

懲りずに、また風俗店に足を運んだんです。

 

 

今度の相手は、髪を金髪に染めたギャル系です。

テンションが高く、ペラペラとよくしゃべります。

私はそういうノリが苦手なので、
興ざめしてしまい、勃ちが悪かったです。

それでも何とかフェラでたたせて、いざ挿入します。

 

すると、またもや入れてすぐ射精してしまったのです・・。

 

それを見た風俗嬢に大笑いされました。

 

この時はさすがに、死にたいと思いましたね。

トラウマです。

 

いかにして早漏を克服したのか

私は、早漏についてきちんとした知識をつけようと思いました。

いまの時代、ネットでいくらでも調べることができます。
検索エンジンと数時間にらめっこをしました。

 

すると、スパーキー佐藤の早漏対策が効果があることを知りました。

最初は胡散臭いなと思って全く信用しなかったのですが、
徐々に興味を持ちはじめ、2014年12月についに購入しました。

 

それから毎日トレーニングを続けるうちに、徐々に持続時間はのびていきました。

現在では早漏は完治しています。

嘘みたいな話ですが、本当です。

実践記録は、以下のページにまとめてあるので、
ぜひ読んでみてください。

    ↓↓↓

スパーキー佐藤の早漏対策を本音でレビュー

 

アンケート