スクイーズ法の効果と危険性について

squeeze-technique

 

スクイーズ法とは、
射精寸前にペニスを手でギュッと圧迫し、射精を止めるトレーニングです。

陰茎を強く握ることで精液の流れを遮断する”力技”です。

具体的には、

  1. 射精しそうになる
  2. カリの付け根を親指と人差し指ででギュッと握る
  3. 約4秒間圧迫する

という作業を繰り返します。

 

スクイーズ法の効果

スクイーズ法は、スタート・ストップ法(セマンズ法)と並んで、
効果が高い治療法だといわれています。

海外の研究機関では、
スクイーズ法は95%の早漏男性に効果があった
との報告があるくらいです。

 

ただし、効果を得るまで、忍耐を必要とします。

スクイーズ法には即効性はなく、
治療期間は3~5カ月かかります。

 

さらに、スクイーズ法はパートナーの女性の協力が不可欠です。

やろうと思えば1人でも実践できますが、
イク直前において、的確に自分のペニスを握りしめるのは意外と難しいです。

本来、スクイーズ法はパートナーの女性に協力してもらうことが前提ですし、
きちんとした効果を得るためにも、妻や彼女と一緒にやる方がいいでしょう。

 

スクイーズ法の危険性

また、スクイーズ法には危険が伴います。

無理やり射精を止めている状態なので、
出口のなくなった精液が膀胱へ逆流する恐れがあります。(逆行性射精)

最悪の場合、射精障害になります。

 

私としては、全くおすすめできません。

スクイーズ法をやる前に、AV男優スパーキー佐藤の早漏対策といった
安全に早漏を治す方法を試して欲しいと思います。

アンケート