トノスは妊娠に悪影響!? 副作用についての注意点

 
トノスは、大東製薬工業という日本の製薬会社が製造している薬です。
(ちなみに、トノスハリーマークという大正薬化工業の商品もありますが、
成分は全く同じです。)

発売以来、副作用についての報告はなく、
極めて信頼性の高い薬であるとされています。

 

しかし、副作用について心配に思う点が
いくつかありました。

 

 

トノスの副作用は?

公式ホームページに書かれてある副作用

まず販売元の大東製薬工業のホームページに
書かれてあった副作用を紹介します。

  • 発疹・発赤
  • かゆみ
  • かぶれ
  • はれ
  • 水疱
  • にきび

確率としては低いようですが、
まれにこのような副作用があるようです。

塗り薬ですから、人によっては、このような皮膚炎がでるのは、
当然といえば当然ですね。

 

他に考えられる副作用

さて、ここからが本題です。

トノスの成分をみて、他に起こりうる副作用を挙げます。

トノスの成分は、
ジブカイン、プロカイン、アミノ安息香酸エチルといった局部麻酔剤
テストステロンという男性ホルモンを配合しています。

このうち特に注意が必要なのはテストステロンです。

 

テストステロンの副作用

 

男性ホルモン・テストステロンの副作用としては、以下のようなものがあります。

  • 髭・体毛が濃くなる
  • ニキビが増える
  • 多血症

しかし、少なくともトノスに関しては、
このような男性ホルモン特有の副作用に関する報告はありません。

なので、過度に心配する必要はないと思いますが、
どうしても不安な人は使用を控えた方がいいでしょう。

 

また、禁忌として、以下の症状を患っている人は
トノスを含む男性ホルモン剤を使ってはいけないと定められています。

注意してください。

  • 前立腺疾患(前立腺肥大、前立腺腫瘍)
  • 睡眠時無呼吸症候群

 

女性が妊娠中の場合は使用してはいけない

 

さらに、男性ホルモン剤は、妊娠に悪影響を与えると言われています。

以下、大東製薬工業お客様サポートからの引用です。

パートナーが妊娠中の場合、本剤に限らず
男性ホルモン剤の男性ホルモンが何らかの形でパートナーの体内に入りますと、
胎児への影響が懸念される、という専門家の指摘がございますので、
パートナーが妊娠中であることがあらかじめ判っている場合は、
本剤を使用しないよう、お願い申し上げます。

 

実際には、トノスの成分がフェラや挿入によって
女性の体内に入り込むことは、確率として極めて低いです。

しかし、100%ではないので、気をつけた方がいいでしょう。

 

トノス以外で早漏を治す方法

トノスは安全性は高いといわれているものの、
やはり少々不安に思うところがあります。

この記事を読んで、使用をためらった人はいるでしょう。

そのような場合は、他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

早漏を治す方法は、トノス以外にもたくさんあります。

くわしくは以下の記事を参照してください。

【早漏対策】トノスの代用品はコレがある!