早漏治療にSSRI薬が効く!?

medicine

 
SSRIとは、別名・選択的セロトニン再取り込み阻害薬とも呼ばれる抗うつ薬の一種です。

本来うつ病治療のための薬ですが、早漏治療にも効果があると言われています。

事実、一部のSSRI服用中の患者からは
「射精が遅くなる」「性欲が落ちる」
といったコメントが寄せられているそうです。

 

SSRI薬を飲むと早漏が治る理由については
海外での研究により医学的な裏付けはあります。

しかし、一方で、副作用などの危険性も指摘されています。
日本においては、
SSRI系の薬は早漏治療薬として正式に認められていません。

その点を留意されて、この記事をお読みください。

SSRI薬を早漏治療で使う場合

即効性はない

まずはじめに注意しておきたいのが、
SSRI薬をセックス前に飲んだからといって、すぐに早漏が治るわけではない
ということです。

効果を実感するまで約2週間は毎日飲み続ける必要があります。

そもそもSSRI薬は鬱病の薬であり、早漏に対して即効性はないからです。

 

保険は適用外

SSRI薬は病院に行けば、処方してもらうことができます。

ただし、日本ではSSRI薬は早漏治療薬として認められていないため、
保険の適用がききません。

薬代は、おおよそ1カ月で6千円かかります。
(パキシルの場合)

 

海外では早漏のためのSSRI薬が開発中

SSRI薬の早漏治療効果は、日本ではまだ認知度が低いものの、
海外では広く知られているようです。

アメリカでは、米国泌尿器科学会が早漏治療にSSRI薬を推薦していますし、
ヨーロッパでは、プリリジーというSSRI薬が、
世界初の早漏治療薬として発売されています。
(ちなみに、プリリジーは日本では認可されていません。)

 

まだまだ開発途上ではありますが、
将来的には、EDにおけるバイアグラのような早漏治療薬が登場する可能性は高いでしょう。

 

最も効果があるのはパキシル

プリリジーを除く一般的なSSRI系の薬には、

  • パキシル
  • ジェイゾロフト
  • プロザック
  • レクサプロ
  • デプロメール
  • ルボックス

があります。

このうち、最も効果があるとされるのはパキシルで、
続いてジェイゾロフト>プロザックの順で効果があります。
(これら以外のSSRI薬は、効果はあまりないです。)

続き→ SSRI薬パキシルで早漏が治る!?

 

アンケート