早漏治療注射の種類と危険性について

injection

 
早漏治療注射とは、亀頭に薬剤を注入して感度を下げる方法です。

 

そもそも早漏なのは、あそこが敏感すぎることが原因の1つ。

注射によって皮膚を分厚くしてしまえば、
鈍感になるので早漏改善できる、
という理屈です。

 

早漏注射の種類

早漏注射で使う薬剤の種類は、主に2種類あります。

吸収タイプ

吸収タイプとは、薬剤を注入しても体内に吸収されてしまうタイプです。
コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。

注射しても、半年くらいで体内に吸収されるので、
効果は一時的です。

料金は4万円~10万円となっています。

 

定着タイプ

定着タイプとは、薬剤が体内に吸収されずに残るタイプです。
最も有名な成分がアクアミドです。

吸収タイプと違って、体内に吸収されないので、
効果は半永久的に持続します。

その代わり、料金が高く、12万~20万円かかります。

 

早漏注射の危険性

吸収タイプはともかく、
定着タイプの注射は危険性が高いです。

なぜなら、体に異物がずっと留まることになるからです。

 

そもそも薬剤は人体にとっては異物です。

その異物が死ぬまで体内に定着するわけですから、
様々な害を及ぼすことが考えられます。
(一部ではガンになるリスクが高まるといわれています。)

 

早漏注射で使う「アクアミド」は安全であると指摘する声もありますが、
実際には安全性についてまだ十分な検証がされていないです。

その証拠に、FDA(アメリカ食品医薬品局)はアクアミドをいまだ認可していません。

 

よって、定着タイプの早漏注射は避けるべきだと考えます。

 

そもそも早漏注射の効果に疑問

では、吸収タイプならいいのか?というと、
そうではありません。

たしかに、薬剤が体内に吸収されるので、アクアミドよりは安全かもしれません。

しかし、その代わり、半年おきに注射を受ける必要があり、
コストがかかります。(年間8万円~20万円)

 

また、そもそも注射の効果について疑問があります。

早漏は、ペニスが敏感であること以外に、
精神的な問題も大きく関係しています。

もし注射によってペニスが刺激に強くなったとしても、
性的に興奮しやすいのであれば早漏のままでしょう。

早漏を治すには、ペニスへの刺激対策だけでなく、
興奮対策も必要なんです。

刺激対策しかできない早漏注射では、
根本的な解決にはなりません。

確実に早漏を治したいのであれば、
刺激対策と興奮対策の両方をおこなってください。

 

PS

刺激対策と興奮対策については、
詳しく解説したマニュアルがあります。
      ↓↓

「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」を本音でレビュー

 

アンケート