早漏治療手術の効果と危険性について

surgery

早漏を治療する手術には、

  • コラーゲン注射
  • 包茎手術
  • 陰茎背部神経遮断術

があります。

本当に効果はあるのか?また、リスクはないのか?調べてみました。

コラーゲン注射

亀頭に※コラーゲンを注射する手術です。
(※コラーゲンではなく、ヒアルロン酸を使う場合もあります。)

亀頭を増大すれば、感度が鈍感になり早漏改善につながります。

 

早漏防止とペニス増大の両方をできることからお得に見えますが、
大きな落とし穴があります。

 

それは半年で元に戻ってしまうことです。

 

コラーゲンは、放っておくと時間とともに体内に吸収されてしまいます。

なので、半年ごとに注射を受ける必要があるのです。

1回あたりの費用は十数万円しますし、
とても現実的ではありません。

早漏注射について詳しくは以下の記事を参照ください。

参考:早漏治療注射の種類と危険性について

 

包茎手術

包茎の人は、常に亀頭が過保護な状態であるから
早漏になりやすいといわれています。

また、包茎は恥ずかしいことだというネガティブなイメージがあり、
包茎手術を受けたがる人は後を絶ちません。

 

しかし、結論からいうと、包茎手術を受けても早漏は治らないです。

なぜなら、皮をむいたところで亀頭は敏感なままだからです。

包茎を治しても、亀頭を鍛え刺激に慣れさせないと、全く意味がありません。

 

また、包茎手術には危険が伴います。

手術が失敗すれば、
ペニスに激痛がしたり、手術後が残ったり、あるいは勃起不全や射精障害になる
ケースもあります。

そうなったら取り返しがつきません。

 

日本人男性の70%は仮性包茎であるというデータがあるように、
必ずしも包茎が恥ずかしいことではありませんし、
早漏の直接的な原因でもありません。

高額な手術費用を払う前に、一度考え直してみてください。

参考:包茎手術後に早漏は治るはウソ

 

陰茎背部神経遮断術

陰茎背部神経遮断術とは、
ペニスの”陰茎背部神経”という神経を切断して感度を鈍くする手術です。

日本では受けることができず、
お隣の国・韓国まで行かないといけません。
(10万円くらいで手術を受けるツアーがあるそうです。)

 

神経を取り除くわけですから、包茎手術よりも効果があるようです。

しかし、一歩間違えれば、
ペニスの感覚自体がなくなってしまう、
あるいは、稀に複合性局所疼痛症候群という重大な後遺症にかかることがあります。

参考:陰茎背部神経遮断術の失敗例

特に海外で受ける手術ともなれば、安全面が心配です。
おすすめできません。

 

そもそも手術には医学的根拠がない

さらに現在の学会において、
早漏治療のために手術をすることは効果がないと指摘されています。

以下の文章は、学術雑誌「泌尿器外科Vol.26 No.9」P1367からの引用です。

選択的陰茎背神経切離またはヒアルロン酸ゲル亀頭陰茎増大は
早漏の効果的な治療法であるという証拠がない。
手術は永久的な性的機能の喪失になるので、現在早漏の治療に推奨されない。

 

早漏手術は効果がないばかりか、危険なだけです。

高額な費用を出して危険な手術を受けるくらいなら、
AV男優スパーキー佐藤の早漏対策といった
もっと安価で安全な早漏治療をおこなった方が良いと思います。

アンケート