包茎手術後に早漏は治るはウソ | 包茎と早漏の関係

doctor-caution3

 
包茎手術をすれば早漏は治る、という意見がありますが、
本当なのでしょうか。

この記事では、包茎と早漏の関係性について説明します。

 

包茎手術後に早漏は改善される!?

包茎手術を受ければ早漏は治ると言われる理由は、
次の通りです。

  • 包茎は、亀頭が皮に覆われているから敏感になる。だから早漏になりやすい
  • 手術をして包茎を治せば、早漏は改善される

 

一見すると説得力のある説明です。

しかし、1つの疑問が湧いてきます。

 

それは、包茎の人で早漏じゃない人は大勢いるのではないか!?
ということです。

 

一説によると、日本人男性の約7割は(仮性)包茎だそうです。

もし包茎=早漏であるならば、日本人の7割は早漏になります。

しかし、実際にはそのようなデータはありません。

包茎と早漏の因果関係は、何も科学的根拠はないのです。

 

それに、そもそも包茎を治したからといって、
亀頭の感度が鈍くなるわけではありません。

包茎手術をすれば皮はむけますが、
依然として亀頭は敏感なままです。

包茎と感度は別問題。

亀頭の敏感さを治すには、手術後に
亀頭を鍛えるトレーニングをする必要があります。

それならば、わざわざ手術をしなくても、
最初から亀頭トレーニングをした方がいいのではないでしょうか。

早漏を治すために包茎手術を受けるメリットは何1つありません。

 

包茎手術の危険性

さらに、包茎手術には様々なリスクがあります。

早漏が悪化するリスク

包茎手術後に、早漏が改善するどころか、
ますます早漏になる場合もあります。

理由は、皮に守られていた亀頭が露出して、
ダイレクトに刺激を受けやすくなるからです。

特に真性包茎・カントン包茎の場合に起こりやすいです。

手術が失敗するリスク

また、包茎手術は失敗例が数多く報告されています。

代表的なものは、

  • 傷跡が残る
  • あそこがツートンカラーになる
  • 痛みがおさまらない
  • 誤って裏筋を切除される

など。

失敗すれば、取り返しがつかない事態になりかねません。

 

安易に包茎手術に手を出すべきでない

doctor-caution7

以上、
包茎手術は、早漏を改善する効果がないばかりか、
かえって早漏が悪化したり、手術が失敗するリスクがある

ことがわかりました。

巷のクリニックは派手な宣伝をして手術を煽っていますが、
決して安易に手を出すものではないということです。

 

泌尿器科医である石川英二先生は、
著書「切ってはいけません!―日本人が知らない包茎の真実―」で
次のように述べています。

早漏の改善というのは、包皮切除を勧める理由のひとつになっているけれど、
根拠があるとは思えない。仮性包茎の人がかならずしも早漏だってわけじゃないからね。
じっさい、包茎の手術をうけたら、かえって早漏になったという患者さんもいる。

包茎の手術を勧める記事や日本の広告には、たいてい、
女性に迷惑をかけないためとか、よりよいセックスをするためにも手術は必要です、
なんてうたい文句がのっている。でもそれはどこまで信頼できるのか、
どういう研究にもとづいて書かれた文言なのか、熟考してみる必要がある。

 

先生いわく、そもそも包茎を治す理由には医学的根拠がないし、
包茎と早漏に関係性についても然り、だそうです。

 

リスクの高い手術を受ける前に、もう一度考え直してみてください。

手術をしなくても安全に早漏を治す方法もありますから。

 

PS

ちなみに、私が早漏を治した方法は、
「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」レビュー
詳しく書いています。

 

アンケート