行為中に意識をそらして早漏を克服した! 体験談

早漏克服といえば、
ヒリヒリするスプレーをあそこにかけたり、
極厚ゴムをつけることを思い浮かべるかもしれません。
たしかに、ペニスへの刺激を弱くできるので
少なからず効果はあるでしょう。

しかし、もっと大幅な改善を望むなら、
「行為中に意識を他にそらす」ことも大事です。

実際の体験談を紹介しましょう。

意識をそらして早漏を克服した人の体験談

掛け算をして早漏が治った

元々、私は包茎持ちなので、早漏になりやすいと思います。
とは言っても、そんなに包茎に対してコンプレックスも無いし、
手術もする気がなかったので、今もそのままです。
ただし、恋人が長らくいなかった時期が続いて、
なんと10年ぶりにまともな彼女が出来た時には早漏に相当辛かったです。
今、私は42歳ですが、彼女が出来たのが38歳です。
つまり、28歳から週に定期的に男女関係を営める女性はいなかったのです。
ワンナイトラブの関係は少しありましたが、ワンナイトなので、気にしてなかったです。

さて、10年ぶりの彼女とベットインすると大好きな彼女なわけですから、
楽しみと同時に緊張もします。
すると、挿入してから30秒もしないうちにイキそうになるのです。
まだセックスらしいこともしてないのにです。
当初、彼女とのセックスでの平均持続時間は一回につき数分です。
挿入以外でカバーはしてましたが、
早漏だと、彼女を満足させられないという気持ちが大きいのが一番辛いです。
自分が早漏ですぐにイってしまうこといいのですが、彼女です。
彼女は何も言わないですが、普通で考えれば欲求不満なはずです。

そこで、私が今までに試した早漏克服方法ですが、
まずは、ピストンのスピードをゆっくりにすることです。
効果がありそうで、早漏だと少しの刺激でもダメなので、あんまり効果なかったです。
他には、自分でマスターベーションをする時に、イキそうになる瞬間に止める練習です。
サイトで検索したら、これが一番早漏に効くと書いてあったからです。
私も試しましたが、マスターベーションをしながらでないと練習ができないので、
挫折してしまったのです。

私が早漏の克服方法として最も効果があったのが、挿入中に意識を他に飛ばすことです。
ピストン運動をしてると、そこに意識が行くので早漏になります。
しかし、意識を他に飛ばしてると、神経伝達が遅くなるのと、興奮状態が抑えられるので、
10分以上保てるようになったのです。
具体的には、頭の中で掛け算をするのです。
2×2、2×3と頭の中で計算するのです。
これでかなり持続時間は上げられます。
ただし、自分自身の興奮度は抑制されるので、そこはしかたないとしてください。
あくまで、彼女を満足させる為の方法です。
何度かこの方法で成功していると、
だんだん自信が付いてくるので、興奮状態でも長い時間できるようになります。

 

会話しながらしたら治った

35歳のサラリーマンですが、
20代の頃に自分の早漏について本気で悩んだ時期がありました。
当時は彼女とも別れてしまい、風俗で性欲を満たすという生活を送っていたのですが、
なぜか自分の意図しない時間帯で果ててしまうので、
もしや自分は世にいう早漏なのではないかと確信しました。
平均の持続時間は、開始してから2分程度かと思います。
少し動かしては止まってというのを数回すると果ててしまうため、
満足に楽しめることもできないのです。
ある若くて可愛い風俗嬢に当たった時に、開始する前からやばい感じはあったのですが、
開始した直後にフィニッシュしてしまい、
もう終わったのと言われたことが今でも耳に残っています。

それから、自宅でAVを見ながら、果てそうになる直前で止めることや、
日々とりあえずオナニーを続けることを実施してみましたが、
自宅では我慢できても実際の女性を前にすると
どうしても我慢できない状態が続いたのです。

そんな時に、会話が弾む女性と会話しながら実施した時に、
相当な時間を我慢することができたのです。
何度か試してみましたが、行為に集中しすぎると早漏になってしまうようで、
会話や言葉を発しながらやると自分のタイミングで果てることが可能になったのです。
それからは、うるさいと思われようが言葉を発しながら実施する
というスタイルを続けることで楽しんで遊べるようになりました。

 

意識をそらすと早漏が治る理由

  • 行為中に頭の中で掛け算(九九)をする
  • 行為中に会話をする

いずれも、
セックス以外のことに気をそらすことで、
早漏を克服した事例でした。

では、なぜ意識をそらすと早漏が改善したのでしょうか。

 

早漏の原因は2つあります。
1つはペニスへの刺激。
もう1つが性的な興奮です。
(参考:早漏の原因

 

早漏防止スプレーをかければ
ペニスへの刺激が和らぎます。
しかし、性的な興奮をおさえることはできません。
なので、スプレーをかけたのに
早漏が治らない人も中にはいます。

早漏の人は、目の前の女性とのセックスに
興奮しすぎる傾向にあります。
興奮すればそれだけ早くイキやすくなるため、
どこかでブレーキをかけなければいけません。

そこで、行為中に意識をそらすのです。

 

さきほどの体験談では、掛算をする・会話をするといったものでしたが、
他には

  • 明日の予定を思いだす
  • 母親の顔を思い浮かべる
  • 時計を見る
  • 深呼吸をする

といった方法もあります。

人によって合う・合わないはあると思うので、
いろいろ試して自分に合った方法を探すのがいいです。

アンケート