早漏が射精コントロールできるようになる方法とは?

yajirusi-red

早漏の人は、遅漏に憧れている場合が多いのではないでしょうか。

しかし、私からすれば、早漏も遅漏も同じくらい良くないです。

遅漏とは、イキたい時にイケないこと。
早漏とは、我慢できずに早くイクこと。
射精コントロールできないという意味では、早漏も遅漏も同じなのです。

ですから、当サイトでは、遅漏を目指すのではなく、
射精をコントロールできるようになることを目標としています。
射精をコントロールできるようになれば、
「女性がイクまで我慢できる」
「自分がイキたい時にイケる」
「長時間のSEXを楽しめる」

といったことが実現可能です。

この記事を読んで、射精コントロール方法を理解してください。

コントロールしているという感覚をつかむ

drive-speed

ネットの情報では、射精コントロールできるようになるには、
スタート・ストップ法などによって
イクのを我慢する訓練をすればよい、といわれています。

しかし、早漏男性にとって、イクのを我慢するのは簡単なことではなく、
単なる根性論でしかありません。

もっと科学的に射精をコントロールする訓練をする必要があると思います。

 

勃起から射精までの4つの段階

まず、トレーニングをおこなう前に、
勃起から射精までの段階を理解しておきましょう。

  1. 半勃起状態
  2. 射精していない勃起状態
  3. 射精直前の勃起状態
  4. 射精

このように勃起してから射精するまで、4つの段階あります。
イキやすいのは「半勃起状態」と「射精直前の勃起状態」です。

「射精直前の勃起状態」がイキやすいのは言うまでもありませんが、
なぜ「半勃起状態」がイキやすいのでしょうか。

半立ちの状態では、ペニスが柔らかくなっています。
柔らかいペニスは、刺激に対して無防備な状態であり、
少しの刺激でもイッてしまうことがあるのです。

なので、まずは半勃起状態を突破して、
フル勃起させることが大事です。

 

フル勃起させてピストンしていれば、
徐々に気持ちよくなっていき、
「イキそう・・」と思うようになります。
この状態が「射精直前の勃起状態」ですね。

イキそうになっても我慢できればいいのですが、
早漏の場合は、我慢できずにあえなく射精してしまうでしょう。

 

射精する手前でコントロールする感覚をつかむ

「射精直前の勃起状態」まででキープすること、
つまり、イキそうになる手前で我慢できるようになることが肝心です。
これができるようになれば、射精をコントロールできるようになります。

そのためには、ただ単にトレーニングをおこなうのではなく、
”感覚”をつかむことを心がけましょう。

この感覚は、言葉では上手く表現できませんが、
たとえば、

  • 気持ちいいけどまだ射精を我慢できる
  • 興奮しているけどまだ冷静でいられる

というような感覚です。
(矛盾していますが、まさにこんな感じです。)

1度でもいいから感覚さえつかんでしまえば、こっちの物です。

徐々に感覚が身についていき、コントロールできるようになっていきます。

 

繰り返しになりますが、
ただやみくもにトレーニングをおこなうのではなく、
射精する手前でコントロールする感覚をつかむことを意識してください。

 

オナニーで予行練習を!

stop-watch

射精コントロールのトレーニングは、
普段のオナニーを少し工夫するだけでできます。

オナニーで、勃起してから射精するまでの時間を記録するのです。

AVなどをおかずにしてシコシコしていて、
勃起しはじめたらタイマーをスタートします。
イキそうになったら手を動かすのをやめて我慢します。
我慢できたら、手を動かすのを再開します。これを繰り返します。
我慢できずに射精してしまったら、タイマーをストップして
時間を記録します。

このようにオナニーする時に時間を記録していくことで、
自分がどれだけ射精時間をのばせているかが一目瞭然になります。
成長実感が湧くし、モチベーションもあがります。

ただ単にイクのを我慢するのではなく、
記録をつけることが大事なのです。

 

イキそうになったら・・・

はじめの頃は、イクのを我慢できずに
すぐに射精してしまうと思います。
私も最初の頃は、すぐにイッてしまいましたし、
気にすることはありません。
徐々に、射精を我慢してコントロールする”感覚”をつかめばいいです。

射精を我慢するテクニックは、2つあります。

1つ目は、イキそうになったら大きく深呼吸をすることです。
息を深く吐くことで、自律神経のバランスを整え、
興奮をおさえる効果があります。

2つ目は、SEXとは全く関係ないことを想像することです。
たとえば、仕事のスケジュールを思いだす、
母親の顔を想像する、など。
全く関係ないことに意識をそらせば、興奮は鎮まります。

 

いずれにせよ、1日や2日で射精をコントロールできるようになることは不可能です。
1週間~2週間続ければ目に見える変化が起きるので、
それまでは根気強くやっていくしかありません。

 

本番のSEXでも途中で動きを止めること!

bed1

オナニーで練習を積んだら、本番でも試してみましょう。

本番のSEXでもやることは同じで、
イキそうになったら動きを止めて我慢するだけです。

オナニーの練習で「射精をコントロールする感覚」をつかんでいれば、
本番でも上手くいくはずです。

 

SEX中にいきなり動きを止めると、女性が興ざめするのではないか・・
と不安になるかもしれませんが、心配ありません。

動きを止めている最中は、
キスをしたり会話をすれば、女性の熱は冷めません。
むしろ「愛されている」という実感が湧くでしょう。
また、キスや会話をすることで、
意識がそれて興奮をおさえる効果もあります。

イキそうになったら、堂々と動きを止めてOKです。

 

AV男優の射精コントロール方法とは?

doctor-caution4

以上をまとめると、

  • オナニーの訓練で「射精する手前でコントロールする感覚」をつかむ
  • 感覚をつかんだら、本番のSEXで試す

この2つだけです。

地道にトレーニングを積んでいけば、
AV男優のように自由自在に射精をコントロールできるようになるでしょう。

 

実をいえば、AV男優は元早漏が多いです。
(あの”しみけん”も昔は早漏だったらしいです。)

彼らは、もともとは早漏だけど、
テクニックを使って射精をコントロールしているだけなのです。

彼らの射精コントロール方法を知れば、
あなたもAV男優のように好きなだけパンパンッと腰をふることができます。

AV男優の射精コントロール方法を知りたいのでしたら、
以下の記事をご覧ください。

>>「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」を本音でレビュー

 

アンケート