早漏対策の骨盤トレーニングの方法とは?

training-woman

 

骨盤トレーニングといえば、尿漏れ対策に効果があるとして有名ですが、
”早漏れ”対策にも効果があることがわかりました。

山崎祐嗣著「漢の骨盤トレーニング」という書籍で、
早漏対策のためのトレーニングが紹介されていました。

 

早漏対策の骨盤トレーニング

具体的には、クランチカールをおこないます。
いわゆる腹筋運動ですね。

なぜクランチをおこなうのかというと、
腹部下部を鍛えることで前立腺を鍛えることができるからです。

前立腺は、射精に関わる器官であり、
ここが正常に機能しないと早漏になることがあります。

参考:前立腺炎を患うと早漏になるのか!?

 

山崎祐嗣氏によれば、クランチカールによって
前立腺のコントロールを強化できる
といいます。

では、方法を説明します。

 

床に寝て足をイスの上に上げる。腰幅に開く。
手は頭の後ろで組む。ひざは90度に曲げる。

sourou-kotubann1

下腹に力を入れて首を起こし、おへそを見る。
足は90度を保ち、イスの上で動かさない。

sourou-kotubann2

なお、以下のような状態になるのはNGです。

首を抱えこんで足をカラダにひきつけている。
足がイスから離れて上がっている。

sourou-kotubann3

(山崎祐嗣著「漢の骨盤トレーニング」より引用)

 

骨盤トレーニングより効果があるのは、PC筋トレーニング!

私は実践したことがないため何とも言えませんが、
正直、効果があるかは微妙なところです。

腹筋運動が前立腺に効いて早漏防止につながるというのは、
因果関係が十分ではありません。
もう少し医学的な説明があれば、納得できるのですが。

 

個人的には、腹筋よりPC筋を鍛えた方が効果があると思います。

PC筋は、本来おしっこを我慢する際に使うものですが、
セックスにおいて射精をを我慢する際にも使います。

このPC筋を鍛えることで、
射精をコントロールする筋肉を直接的に鍛えることができます。
現役AV男優も推奨している方法です。

くわしくは以下の記事の「早漏を改善するにはPC筋を鍛える」のチャプターをご覧ください。

早漏を改善するための筋トレとは?

 

アンケート