早漏の方がAV男優に向いているって本当!?

kinnniku2

 
AV男優といえば、射精コントロールのプロ。
早漏とは無縁だと思うでしょう。

しかし、実際には、
AV男優の中には昔早漏だった人や今も早漏な人は結構います。

なぜなら、遅漏よりも早漏の方がAV男優に向いているからです。

 

なぜ、早漏の方が好ましいのでしょうか。

人気AV男優しみけんの本に理由が書かれてありました。

 

AV男優は射精をコントロールしているのではない

simikenn

AVを見ればわかるように、
男優は長時間パンッパンッとピストン運動を続けています。

どうやったら、あんなに長い時間腰を振ることができるのだろう?
と思うことでしょう。

何か特別な射精コントロールのテクニックがあるのではないか?
と思うかもしれません。

 

しかし、実際には、
男優は射精をコントロールしているわけではないそうです。

しみけんの著著「光り輝くクズでありたい」では
以下のように書かれてありました。

男優は早漏のほうが向いています。
男優は女優さんを相手に数十分も腰を振り続けているので、
射精をコントロールしているように思われがちですが、
射精ではなく〝集中力〟をコントロールしているんです。

実を言えば、僕も本気を出すと30秒以内でイッてしまう早漏です。
現場の絡みでは、次はどういう展開にもっていくか?
カメラ位置はどこか?
照明はどこから来ているか?など、
さまざまなことを考えます。
つまり、気が散った状態でSEXしているので、
撮影現場では自然と遅漏になるのです。
そして、監督から発射のGOサインが出たら早漏の本領発揮。
女のコに集中して、すぐさま発射に至る、というわけなのです。

早漏はこのように慣れれば発射のタイミングを遅くできますが、
遅漏はいくら頑張っても早漏にはなれません。
だから、早漏のほうが男優に向いている、と言えるでしょう。

(しみけん著「光り輝くクズでありたい」扶桑社BOOKS)

 

AV男優は仕事としてセックスしているので、
カメラワークなど様々なことに意識が飛んでいます。

なので、なかなかイクことができないわけです。

 

考えてもみてください。

あなたはセックス中に
明日の仕事の予定、家のローンの返済、などを頭に浮かべながら
すぐにイクことはできますか?

できないと思います。

 

人間(特に男性)は1つのことにしか集中できないので、
あれこれ考えると、意識が分散されてしまいます。

よって、セックス中に雑念があると、
セックスに集中できずに興奮度が下がり、結果的に射精しにくくなります。

 

もしも遅漏だったら、AV男優なんて仕事はできないでしょう。

ただでさえ遅漏なのに、
撮影中は気が散ってますますイクことができません。

いつまでも経ってもイクことができなければ、
撮影は終わらないですし、男優失格です。

 

そういう意味で、遅漏より早漏の方が
AV男優には向いているといえます。

 

元早漏のAV男優が早漏を克服した方法とは?

しみけんは著書で自分は早漏だと告白しています。

しみけんに限らず、AV男優には早漏だった人は多いです。

 

スパーキー佐藤というAV男優も、もともとは早漏でした。

それも、仕事にもならないほどの超・早漏だったようです。

いくら男優は早漏が向いているとはいえ、
さすがに挿入して数秒でいくレベルでは仕事になりません。

そこで、なんとか自力で早漏を克服したそうです。

 

AV男優が早漏を克服した方法を知りたい人は、
AV男優スパーキー佐藤の早漏対策を参照ください。

 

アンケート