朝立ちの時オナニーすると早漏が改善するって本当!?

morning

 
早漏で悩んでいる方へ。
あなたは朝立ちしますか?

 

YESと答えた方に朗報です。

鍼灸医学の専門家である日野勝俊氏によれば、
朝立ちする時にオナニーする訓練をすれば早漏が改善するそうです。
(文芸社「からだを癒す こころをほぐす」より)

 

なぜ朝立ちする時にオナニーすれば早漏が改善するのか

そもそも朝立ちとは何か?説明しましょう。

一般的には、朝立ちとは睡眠時におしっこが溜まって
おこる生理現象だと解釈されています。

しかし、日野氏によれば、これは間違いだそうです。

 

朝立ちとは、レム睡眠が原因の勃起現象です。

睡眠には、浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りにノンレム睡眠の2種類があります。
レム睡眠時には、夢をみる・眼球がすばやく動く・呼吸が不規則になるといった現象のほかに、
陰茎の勃起がおこるといわれています。

理由はまだ解明されていませんが、一説によれば
「通常では血流の少ない陰茎を自動的に勃起させることで、
人間の種族保存のための機能を維持させている」からだといわれています。

朝立ちするということは、男性機能が正常に働いている証拠であり、
ED検査の際には朝立ちの有無が尋ねられることがあります。

 

では、なぜ朝立ちする時にペニスをしごくトレーニングをすると
早漏が改善するのでしょうか。

くわしい理由については著書には書かれていませんでした。

以下は私の憶測になります。

 

通常、ペニスを勃起させるには
性的な興奮とペニスへの刺激の両方が必要です。
興奮と刺激がピークに達すると、射精に至ります。

一方、朝立ちしている時は生理現象で勃起しているわけですから、
性的な興奮はありません。
性的な興奮がないので、射精しにくい状態です。

よって、早漏男性にとって、射精をコントロールする訓練をするには
最も適している状態
なのです。

だから、朝立ち時にオナニートレーニングするのが効果的といわれているのだと思います。

 

朝立ちオナニーの方法

shoubenn-kozou

では、具体的なトレーニング方法を説明します。

 

  1. 朝目覚めたらそのまま起き上がらず寝床の中で仰向けの姿勢でリラックスする
  2. 亀頭を完全に露出させる
  3. ペニスを軽く握りながら、10秒間に20回くらいの速いスピードで包皮を上下させる
  4. 途中で射精しそうになったら即座に止める
  5. ペニスをしごく回数は100回程度。時間は約50秒を目安にする

 

オナニーとしていますが、
実際には射精は我慢するようにします。

いきそうになったら動きを止める、
我慢できたら動作を再開して、またいきそうになったら動きを止める・・・
を何度も繰り返します。

早漏克服法として有名なスタート・ストップ法と似ていますね。

 

さきほど言いましたように、
通常のオナニー時に比べて、性的興奮が少ない分、
射精を我慢しやすいのではないかと思います。

スタート・ストップ法で挫折した人も、これならできるかもしれません。

 

本当にこれで早漏は改善するのか!?

東洋医学の専門家が言っているので、
一定レベルで信頼できる方法だと思います。

しかし、すべての早漏男性に効果があるかといえば疑問が残ります。

 

たしかにペニスへの刺激に慣れる訓練にはなります。

しかし、興奮をコントロールすることまではできないと思います。
何せ、おかずなしでオナニーしているわけですから・・。

 

早漏の原因はペニスへの刺激と性的興奮の2つです。

ペニスへの刺激に慣れるだけでなく、
興奮をコントロールする訓練をしなければ、
本当の意味では早漏は克服できないでしょう。

残念ながら、過度な期待はできないと思ってください。

 

(参考文献:日野勝俊著「からだを癒す こころをほぐす」文芸社 P117~122)

 

PS

もっと確実に早漏を治したいなら、AV男優スパーキー佐藤の早漏対策の方がおすすめです。

 

アンケート