早漏は呼吸を変えれば治る? | 早漏を治す呼吸法とは?

 
呼吸法を変えれば早漏は治る、といわれています。

これはトンデモ話ではなく、
きちんとした医学的な根拠があります。

呼吸は自律神経と密接な関係があるからです。

 

この記事では、呼吸法を変えれば早漏は治る理由と、
早漏を治す呼吸法をお伝えします。

 

 

なぜ早漏改善には呼吸が重要なのか

早漏改善には呼吸が大事!
といわれてもイマイチ納得できないと思いますので、
理屈を説明します。

 

早漏と自律神経の関係

 

まず、前提知識として、早漏と自律神経の関係を知っておきましょう。

 

自律神経とは、自分の意志とは関係なしに自動的に作動している神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2タイプがあります。

交感神経は緊張したり興奮したりする時に強くなります。

一方、副交感神経はリラックスしている時に強くなります。

 

では、セックスの時は、どのようになるのでしょうか。

 

勃起~挿入中

 

まず副交感神経が優位な時に勃起します。

「興奮しないと勃起しないから交感神経では?」と思うかもしれません。

しかし、緊張して立たないということがあるように、
ある程度リラックスした状態でしか勃起できません。

ですから副交感神経が優位になった時に勃起します。

 

射精

 

勃起中は、ずっと副交感神経が優位になっていますが、
興奮がピークに達して交感神経が優位な時に射精がおこります。

そして射精後は、リラックスした感じになり
副交感神経が優位になります。

 

つまり、射精が早いということは、
興奮しやすいなどの原因で、勃起中に副交感神経から
交感神経にスイッチが切り替わるのが早いから
です。

 

呼吸を整えると副交感神経が優位になる

 

呼吸を整えると早漏が治るのは、
交感神経が活発になるのをおさえて副交感神経を優位にすることができるから
です。

たとえば、深呼吸をした時にリラックスしませんか。

ゆっくり深く呼吸をすると、リラックスした気持ちになり、
副交感神経が働きます。

ですから、呼吸を変えれば、早漏は改善できるのです。

 

まとめ

  • 自律神経のうち、交感神経は緊張・興奮の時に、副交感神経はリラックスの時に優位になる
  • 射精時は交感神経が優位になる
  • 早漏なのは興奮しやすく交感神経が優位になりやすいから
  • 呼吸を整えると副交感神経が優位になり、早漏を改善できる

 

では、具体的な呼吸法を解説します。

 

早漏を治す呼吸法

早漏と自律神経の関係がわかったところで、
どのように呼吸すればいいか?を説明します。

早漏を治す呼吸法は、いくつかあります。

  • 息を吐く時間を長くする
  • 鼻呼吸にする

 

息を吐く時間を長くする

 

息を吸う時間よりも息を吐く時間を長くする
早漏改善に効果があります。

 

呼吸する時の自律神経の働きを考えると、
吸う時よりも吐く時の方が副交感神経が優位になります。

よって、ゆっくり息を吐くように深呼吸すれば、
自律神経のバランスが整い、早漏が改善
するわけです。

 

鼻呼吸にする

また、吐く時間だけでなく、
鼻呼吸か?口呼吸か?も重要です。

口呼吸は主に口で息をするタイプ、
鼻呼吸は主に鼻で息をするタイプですね。

早漏治療に良いのは鼻呼吸です。

理由は2つあります。

 

1つの理由は、鼻呼吸の方が頭が冷えるからです。

鼻呼吸の場合、空気が鼻腔を通るので頭が冷えます。
頭が冷えれば、過度に興奮しにくくなり、
早くイクのを防げます。

一方で、口呼吸の場合、空気が頭部を通らずに下に流れるので、
頭は冷やされません。
なので、頭がのぼせた状態になりやすく、イキやすいのです。

 

もう1つの理由は、マナーの問題です。

セックスの時に口で呼吸していると、
ハアハアゼイゼイ音を立てるので女性からしたら印象が良くありません。

最悪、気持ち悪がられます(笑)

さらに、口呼吸だと口が臭いやすくなります。

唾が乾燥して口内の自浄システムが機能しなくなるからです。

 

というわけで、鼻で呼吸をしましょう。

 

まとめ

  • 息を吐く時間を長くする
  • 鼻呼吸にする

 

AV男優がすすめる呼吸法とは?

tabuchi-kokyuu

ちなみに、現役AV男優である田淵正浩も、早漏克服には呼吸が重要であると訴えています。

以下、田淵正浩が提唱する呼吸法を紹介します。

 

  1. 鼻から空気を吸う
  2. この時、空気を体の下、足のつま先まで送るイメージで吸う
  3. 10秒間かけてゆっくり空気を吐く
  4. この時、肛門と肺を引き上げるイメージで吐く

 

気をつけてほしいのが、
肺呼吸ではなく、腹式呼吸をすることです。

肺呼吸だと口で呼吸にしやすいからです。

鼻呼吸を実践するために、
お腹に息を吸いこみましょう。

この呼吸を1セット30回繰り返します。
毎日1セットやるといいでしょう。

 

 

PS

今回の呼吸の話は「田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ」を主に参考にさせていただきました。

田淵正浩の早漏改善ブートキャンプは、
数ある早漏教材の中でも特に評判が良く、
効果があった!という声が寄せらています。

くわしくは以下のレビューをご覧ください。
     ↓↓

「田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ」のレビュー評価

 

アンケート