オナホールでオナニーしながら早漏を治す方法

ona-hole

オナホールでオナニーすれば早漏が治ると言われています。

果たして本当なのでしょうか。

元早漏の私が、オナホでトレーニングした体験をもとに、真相に迫ります。

 

オナホールを使えば早漏が改善される理由

オナホールで早漏が治る、
というのは単なる都市伝説ではありません。

しっかりとした論拠があります。

 

セックスと自慰行為では、
射精がゴールという点では一緒ですが、
ペニスが受ける刺激は全く違います。

 

セックスでは、女性の膣にペニスを出し入れすることで
刺激が与えられます。

生暖かい温度、愛液による湿度、
柔らかくそれでいて適度に締め付ける感触・・・。

あの感覚は筆舌に尽くしがたいものがあります。
すべてが複合的に組み合わさって、ペニスへの刺激となります。

 

一方、オナニーはどうでしょうか。

一般的なオナニーと言えば、手コキです。
かさかさした手やテッシュで、ゴシゴシと刺激を与えていきます。

実際のセックスとは、全く別物の刺激ではないでしょうか。

 

つまり、オナニーとセックスでは刺激の種類が異なるため、
オナニーでは我慢できても女性の膣では我慢できない

という事態が起こり得るのです。

なので、
オナニーの感触を、実際のセックスの感触に
限りなく近づけることができたら、
オナニーで有効なトレーニングができる

というわけです。

 

そのために、文明の利器であるオナホールを使うんですね。

 

オナホールは、女性器をリアルに再現しています。

最近のオナホは凄くて、ある意味、
本物の性器よりもリアルだと思うくらいです(笑)

そんなオナホールを使えば、
本番のセックスさながらのトレーニングができます。

では、方法を紹介します。

 

オナホールを使って早漏を治す方法

オナホールを用意する

まずオナホールを用意します。

ここで使うオナホは、TENGAなど使い捨てタイプではなく、
何回も使えるタイプを選ぶようにしましょう。

ona-hole

洗うのは面倒ですが、
感触などリアルさが全然違います。

 

また、オナホと一緒にローションも用意します。

何回も使えるタイプのオナホは、
ローションは入っていないので、自分で塗る必要があります。

 

オナニーのおかずを用意する

次に、オナニーのおかずを用意します。

リアルなセックスをイメージするために、
AVなど動画が良いでしょう。

内容は何でもいいですが、
アブノーマルなものだけは避けた方がいいと思います。

なるべく通常のセックスと同じシチュエーションのものを
選ぶようにしてください。

 

オナホールの感触に慣れる

おかずを用意したら、
オナホにローションを塗り、挿入します。

すぐに動きたくなるとは思いますが、
挿入後3分~5分間は入れたまま静止するようにしてください。

これはオナホの感触に慣れるという目的と
ホール内部を人肌の温度に近づける目的があります。

どっちみち、最初から何分もオナニーを続けるのは難しいと思うので、
トレーニング初日はオナホの感触に慣れるだけでも十分です。

 

オナホールに出し入れしてみる

オナホに挿入して数分間じっとしていることに
慣れたら、次のステージに移ります。

オナホにペニスを出し入れしてみるのです。
そして、イキそうになったら我慢します。

いくのを我慢するには、ピストンを止めて全く別のことを想像することです。

参考:射精を止める方法とは?

 

持続時間を記録する

トレーニングはやって終わりではなく、
必ず毎回ストップウォッチで持続時間を計り、
記録するようにしてください。

成長記録が目でわかります。

 

最初のうちは、オナホの感触が気持ち良すぎて、
すぐにイッてしまうことでしょう。

しかし、諦めずにトレーニングを続けることで
徐々に時間が伸びていきます。

 

早漏の人は、とりあえず10分を目標にしてください。

 

オナホールでも早漏が治らない可能性

regret

オナホールで練習を重ねれば、
本番のセックスでも変化を感じるはずです。

軽度の早漏の人なら、これだけで完治してしまうかもしれません。

 

しかし、一方で
オナホでトレーニングをやったにも関わらず、
早漏が全く改善しない可能性もあります。

結局のところ、
オナニーでいくのを我慢するトレーニングは
根性論でしかないからです。

重度の早漏に人にとっては、いくのを我慢しようにも我慢できないでしょう。

参考:早漏は、いくのを我慢し続ければ克服できるのか?

 

オナホを使っても改善が見られない場合は、
AV男優スパーキー佐藤の早漏対策など、
もっと本格的なトレーニングを試みる必要があると思います。

 

アンケート