早漏は酒・アルコールを飲めば予防できるか!?

sake

 
早漏は、行為前にお酒を飲めば予防できると言われています。

果たして本当にアルコール摂取が早漏解消につながるのでしょうか。

 

 

結論からいえば、お酒を飲んでも早漏は予防できないどころか、
逆効果になる
とさえ思います。

 

 

アルコールにはリラックス作用があります。

セックスへの緊張を和らげ、すぐイクのを防止する効果があるのは確かです。

 

早漏の原因の1つは、緊張しすぎ、
つまり交感神経が活発であることです。

交感神経が優位になると射精しやすい状態になります。

参考:自律神経失調症を患うと早漏になるのか!?

 

なので、早漏を防止するためには
リラックスして副交感神経を優位にする必要があるのです。

 

そういう意味では、お酒を飲めば、リラックスして
副交感神経が優位に働くので、結果的に早漏改善につながるかもしれません。

理論的には間違ってはいません。

 

 

しかし、見落としてはいけないのが、
酒を飲むと勃起しにくくなるという副作用があることです。

 

ご存じの通り、お酒を飲みすぎると、
勃ちにくくなります。

いつもビンビンで精力に自信がある男性でさえ、
泥酔すると勃起できなくなります。

 

仮に、勃起できたとしても、
勃ちが悪くなり、半立ち状態になります。

そして、半立ち状態になるとイキやすくなるのです。

 

フル勃起状態であれば、敏感なペニスが
硬い海綿体でガードされているので、
鈍感になります。

しかし、半立ち状態であれば、
そのガードがなくなるので、無防備で敏感な状態になるのです。

 

つまり、
お酒を飲めば、勃ちが悪くなり、結果的に早漏が悪化する可能性があるのです。

 

 

こういったことから、私は早漏を予防する目的で
アルコールを飲むのはおすすめしていません。

 

そもそも、その場しのぎのテクニックに頼るのではなく、
スパーキー佐藤の早漏対策などで
根本的に早漏を治療する方がはるかに良いと思います。

 

アンケート