1分や30秒でいってしまう早漏の克服方法

clock

 
「いつも挿入して1分もしくは30秒でいってしまう・・」
と嘆いていませんか。

早漏の定義は諸説ありますが、
「挿入してから射精するまでの時間が1分以下」とする説が有力です。

参考:早漏の基準は何分以下なの? | 早漏の定義と意味について

 
もしあなたの平均挿入時間が1分以下であれば、
立派な早漏であるといえます。

 

1分以下の早漏の克服方法

ひとえに早漏対策といっても、
各々の症状によってアプローチは異なります。

昔の私のような3分程度の早漏であれば、
ペニス強化トレーニングによって治療していくのがおすすめです。

早漏防止スプレーや極厚ゴムを使う方法もありますが、
その場しのぎで根本的な解決にはなりません。
それに、あくまで私の体感ですが、
3分や5分程度の早漏であれば、
トレーニングをおこなえば、比較的早期に治るからです。

 

では、1分や30秒レベルの早漏はどうでしょうか。

 

この場合も、もちろんペニス強化トレーニングによって
根本的に治療していくのが望ましいですが、
3分レベルの早漏に比べて、治るまで時間がかかります。

早くて1カ月、人によっては、完治まで半年や1年かかることもあるでしょう。

・・正直、そんな悠長に待っていられないですよね!?

一刻も早く改善したいと思うはず。
彼女・奥さんがいるとしたら、なおさらです。

 

そこで、私がおすすめするのは、
「対処療法」と「根本的治療法」を組み合わせることです。

対処療法とは、早漏防止スプレーや極厚コンドーム
ペニスを麻痺させて持続時間を伸ばすことです。

ほとんどの男性は、この方法で効果を得られます。
ただし、それゆえスプレーに依存してしまうのがいささか問題です。

・・なので、スプレーによる応急措置とは別に、
ペニス強化トレーニングを並行しておこないます。

スプレーだと、一時的にしかペニスを鈍感にできません。
一方、トレーニングによって亀頭を鍛えれば、
何も塗らなくても刺激に耐えることができるようになります。

 

このようにして、
今すぐ効果が出る対処療法と根本的に治す治療法を
組み合わせることで、
挫折することなく早漏を克服することができます。

もしあなたが1分や30秒の早漏であれば、
ぜひ試してみてください。

 

PS

ペニス強化トレーニングは色々なやり方がありますが、
私は「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」のやり方が一番効果がありました。

くわしくは以下の記事を参考にしてください。

AV男優スパーキー佐藤の早漏対策レビュー

 

アンケート