早漏はマキロンでは治らない理由

 

市販の塗り薬であるマキロンを塗れば、早漏は治ると、
一部では言われています。

しかし、残念ながら、マキロンでは早漏は治りません。

その理由を説明しましょう。

 

マキロンに早漏防止成分は含まれていない

なぜ、本来は傷薬であるマキロンが早漏防止に役に立つのか?といえば、
マキロンには麻酔成分が含まれているらしいからです。

いわゆる早漏防止スプレーには
ペニスの感度を鈍くさせる麻酔成分が含まれているのですが、
これと同じ成分(塩酸ジブカイン)がマキロンにも含まれているから
同等の効果がある、というわけです。

 

しかし残念ながら、これは昔の話であって、
現在はマキロンにはそのような成分は含まれていません。

なので、全く効果はないといえます。

マキロンをあそこに塗っても、
ヒリヒリ痛くなるだけです。

 

フェミニーナ軟膏なら早漏に効く

マキロンに続いて早漏防止効果があるとされているのが、
フェミニーナ軟膏です。

なぜフェミニーナ軟膏が効くのか?ですが、
マキロンと同じく、麻酔成分が含まれていると言われているからです。
(こちらはリドカインという成分です。)

 

本当に含まれているかどうかを商品ページでチェックしたところ、

成分表にリドカインが載っていました。

なので、マキロンに比べたら、
効果は期待できるかもしれません。

参考:フェミニーナ軟膏やムズメンは早漏に効果あるの?早漏用の使い方は?

 

いずれにしても根本的には治らない

結論として、
フェミニーナ軟膏だったら効果あり
だといえます。

しかし、これはあくまで
早漏防止スプレー(クリーム)で効果があった人が対象です。

 

早漏防止スプレーは、
ペニスの神経を麻痺させてイキにくくするものですが、
実際には効かない人もいます。

 

なぜなら、あそこを麻痺させたとしても、
性的興奮は抑えられないからです。

 

早漏の原因には「ペニスへの刺激」と「性的興奮」の2つがあるのですが、
早漏スプレーの場合、ペニスへの刺激を鈍らせることはできても、
興奮を抑えることまではできません。

 

根本的に早漏を治すなら、ペニスの感度を鈍くするだけでなく、
興奮をコントロールする技術も身につける必要があります。

 

興奮をおさえる方法は、嫌なことを想像する、
数字をかぞえるなど色々ありますが、
私が最も効果があったのは
AV男優スパーキー佐藤の興奮対策です。

くわしくはスパーキー佐藤の早漏対策レビューをご覧ください。

 

アンケート