早漏対策飲み薬の種類を解説!

medicine1

早漏対策といえば、
自分でペニスを鍛えたり、スプレーをかけて鈍感にする方法を
連想すると思います。

しかし、実は、早漏に効くとされる飲み薬が
いくつかあります。

それぞれ、効果・副作用・価格の観点から、
詳しく見ていきます。

早漏対策飲み薬一覧

抗うつ薬

rader_1

海外の研究で、
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
と呼ばれる抗うつ薬が
早漏改善に効果がある
ことがわかっています。

早漏になるのは脳内のセロトニンという物質が
不足しているからであり、SSRIを投与して
セロトニンを増やせば早漏が改善されるという理屈です。

参考:早漏治療にSSRI薬が効く!?

 
SSRIの抗うつ薬として代表的なものには、
パキシルやプロザックなどがあります。

海外の臨床実験によると、被験者にパキシルを投与して射精時間を計った結果、
挿入時間が通常の4~8倍になったというデータがあります。
実際、鬱病薬を飲んで射精しにくくなったという報告は
たくさんありますし、効果はあるのだと思います。

参考:パキシルで早漏が治る!?

 

しかし、問題は副作用で、めまい・吐き気・下痢といった症状の他に、
薬物依存症になるリスクがあります。
(ドラックのように、薬をやめるのが大変です・・。)

また、鬱病薬を早漏改善目的で使う場合、
保険は適用外なので、薬代が高くつくのもデメリットです。

 

ダポキセチン

rader_2

ダポキセチンは、パキシルなどと同じSSRI薬の一種です。

違いは、パキシルは鬱病治療を目的としているが、
ダポキセチンは早漏治療を目的として開発された点です。

うつ病治療薬であれば、長い時間体にとどまって、
ずっと効果が続く方がよいです。
しかし、早漏治療薬であれば、セックス前に飲んで行為の間だけ
効果があり、その後すばやく体外に出ていって
余計な副作用を引き起こさない薬が望まれます。
そのような性質をもった薬こそが、
ダポキセチンというわけです。

 

代表的なダポキセチン配合薬には、
プリリジーやポゼットなどがあります。

さすが早漏治療のために開発された薬だけあって、
通常の抗うつ薬に比べて効果は高いです。

しかし、めまい・吐き気・下痢といった
抗うつ薬と同じ副作用を伴います。
抗うつ薬に比べて副作用は抑えているのかもしれませんが、
実際には強い副作用が発現した報告はいくつかあります。

参考:ダポキセチンの副作用は危険!? 口コミ情報

 

また、価格が高いです。
ダポキセチン配合薬・プリリジーは6錠で1万円以上します。
(ジェネリック医薬品だと安いですが。)

病院では処方できず、海外から個人輸入しないと
入手できないのもネックです。

 

ED治療薬

rader_3

バイアグラなどのED治療薬には
早漏改善効果がある
といわれています。

ガチガチに勃起することで感度が鈍くなる
という副次的効果かと思いきや、
海外の研究ではED治療薬そのものに
早漏改善効果があることが確認されています。

参考:バイアグラ・レビトラ・シアリスは早漏に効果あり!?

 

私は、シアリスというED治療薬を飲んでいますが、
たしかに飲むと射精時間が長くなります。

もちろん、効果には個人差があり、
「全く効かない」と訴える人も少なくないので、
過度な期待はしない方がいいですが。

 

ED&早漏治療薬

rader_4

純粋なED治療薬以外に、
EDと早漏の両方を治す薬があります。

ED治療薬に早漏防止成分ダポキセチンを混ぜた薬です。

代表的なものでは、
バイアグラの成分にダポキセチンを
加えた「スーパーカマグラ」、
シアリスの成分にダポキセチンを加えた「タダポックス」などがあります。

参考:EDと早漏 両方に効く薬とは?

 

ネットでは「効果があった」という口コミが多いですし、
EDと早漏の両方に悩む男性にとっては
救世主的な存在ではないかと思います。

もちろん、効果がある分、
下痢・吐き気・頭痛といった
副作用が伴いますので注意してください。

 

まとめ

以上、まとめると、
効果の面では ダポキセチン≧抗うつ薬>ED治療薬
という順で高くなり、
副作用の面では 抗うつ薬≧ダポキセチン≧ED治療薬
という順で強くなります。

ダポキセチンが効果が高いのは、
早漏治療を目的とした薬ですから、
当然といえば当然でしょう。

しかし、一方でまだまだ安全性に不安があります。

ヨーロッパでは世界初の早漏治療薬として
ダポキセチン配合薬プリリジーが販売されましたが、
日本とアメリカでは認可されていません。

強い副作用の報告が少なからずありますし、
私としては安易に手を出すものではないと考えています。

くわしくは以下の記事を参考にしてください。

ダポキセチンの副作用は危険!? 口コミ情報

 

アンケート