前立腺炎を患うと早漏になるのか?

 
結論から言えば、前立腺炎を患うと早漏になります。

これはデタラメを言っているのではなくて、
きちんとした医学的な根拠があります。

この記事では、前立腺炎と早漏の関係について説明します。

 

 

前立腺炎を患うと早漏になる

前立腺炎とは、ペニスの前立腺が細菌の感染によって炎症をおこす病気です。

全男性の半分がかかるといわれています。

 

そして、前立腺炎になると早漏になる可能性があることが
確認されています。

 

家庭の医学事典には以下の記述がありました。

 

慢性尿道炎、前立腺炎が原因となり、早漏となることもあります。
(家庭の医学事典 P658より引用)

 

前立腺炎が早漏の原因となることもある、と書かれてあります。

この百科事典は古くから出版されており、
情報の信憑性は高いと思われます。

 
さらに、医学雑誌の「泌尿器外科」には
以下の記述がありました。

 

早漏の一部にはEDや前立腺炎、甲状腺機能異常が原因のものも存在する
(泌尿器外科Vol.26No.9 P1386より)

 

こちらも、早漏の原因には前立腺炎が含まれるといったことが書かれてあります。

この雑誌は泌尿器科の専門誌であるので、
科学的な裏付けがあると思われます。

 

また、海外の研究機関で、前立腺炎と早漏の関係についての報告が幾つかありました。

2つ紹介しましょう。

 

イタリアのラクイラ大学の調査によれば、
早漏男性46人のうち22人、すなわち47.8%が前立腺炎を患っている事がわかった。

 

Anhui Medical大学は、早漏に悩む男性438人と、
そうでない男性493人を対象に調査をおこなった。
その結果、早漏男性のうち32%が前立腺炎を患っている事がわかった。

 

上記の研究結果から、早漏男性の3~4割は前立腺炎である可能性があります。

さきほどいいましたように、
全男性の5割が前立腺炎になるといわれていますから、
早漏男性の3~4割が前立腺炎を患っていても何らおかしくありません。

 

 

  • 「家庭の医学事典」「泌尿器外科」には、前立腺炎が原因で早漏になると書かれてある
  • ラクイラ大学、Anhui Medical大学の研究によれば、早漏の男性の3~4割は前立腺炎であることがわかっている

以上のことから、
前立腺炎と早漏には関係性があることは間違いないでしょう。

 

 

なぜ前立腺炎を患うと早漏になるのか?

では、なぜ、前立腺炎を患うと早漏になるのでしょうか。

一説によれば、
前立腺炎になると、前立腺とその周囲に炎症がおきるため、
常にペニスの神経が刺激を受けた状態になり、早漏になりやすい
そうです。

いいかえれば、炎症によってチンコが普段より敏感になっているのでイキやすいということです。

 

この場合、前立腺炎が治り、炎症がなくれば、元にもどる可能性が高いです。

ですから、もし前立腺炎が原因で早漏になった場合は、
早漏を治す前に、まずは前立腺炎を完治させることが重要だといえます。

必ず泌尿器科にかかられてください。

 

寸止めオナニーでは前立腺炎にならない

寸止めオナニーのしすぎで前立腺炎になった!
という声がネットにあがっています。

寸止めオナニーとは、文字通り、いく寸前で射精を我慢するオナニーです。

早漏改善に効果があるので、やっている人もいるかもしれません。

 

この寸止めオナニーせいで前立腺炎になり、早漏が悪化するとすれば、
本末転倒ですよね。

 

しかし、これは何も医学的根拠はありません。

寸止めオナニーと前立腺炎には何も因果関係が認められていないのです。

実際、ある泌尿器科の医師は、寸止めオナニーと前立腺炎の関係について、
全く裏付けるものがない」と回答しています。

 

ですから、寸止めオナニーをやっていて前立腺炎になったとしても
原因は別のところにあると思った方がいいでしょう。

 

 

いずれにしても、
前立腺炎になった後に早漏になった場合では、
前立腺炎の治療に専念することが最優先事項
です。

一般的な早漏対策をしても解決にはならないので、注意してくださいね。

 

アンケート