究極の早漏対策 | 早くいかない方法とは?

l_023

早漏のタイプは

  1. 過敏性早漏
  2. 心因性早漏
  3. 衰弱性早漏

の3種類あります。

過敏性早漏とはペニスが刺激に弱いことが原因の早漏、
心因性早漏とは興奮しやすいことが原因の早漏、
衰弱性早漏とは加齢による射精筋の衰えが原因の早漏
です。
参考:自分の早漏の原因をわかっていますか?

対策としては、それぞれ

  1. 刺激対策
  2. 興奮対策
  3. 射精(筋)対策

をおこないます。

この3つこそが究極の早漏対策であり、
早くいかない方法です。

3つの早漏対策

(1)刺激対策

刺激対策では、ペニスを鍛えるトレーニングをおこないます。

内容は

  • 亀頭を鍛えるトレーニング
  • カリを鍛えるトレーニング
  • ペニス全体を鍛えるトレーニング

の3つです。

トレーニングの目的は、刺激に慣れることはもちろん、
早く抜く癖をただすことでもあります。

 
早漏の原因で言いましたように、
早漏の人はオナニーを早く済ませる傾向にあります。
早く抜く癖があると、本番のSEXでも早くイッてしまうので良くありません。

この癖をただすために、トレーニングでは
射精までの時間を計り記録していきます。

私の場合、最初は1分しかもちませんでしたが、
2週間続けた結果、20分以上我慢できるようになりました。

即効性はありませんが、
継続すれば必ずや成果は出ます。

 

(2)興奮対策

興奮対策では、SEX中に興奮をコントロールする技術を身につけます。

具体的には「自分の興奮レベルを把握すること」と
「呼吸法を変えること」の2つです。

 

興奮レベルを把握する

興奮をコントロールするために最も重要なのは、
自分の興奮レベルを知ることです。

 

勃起してから射精するまで6つの興奮レベルがあります。

  1. 通常状態
  2. 半立ち状態
  3. 勃起状態
  4. 射精準備中の勃起状態
  5. 一触即発の勃起状態
  6. 射精状態

このうちの真ん中のレベル3をキープすることが
早くイカない秘訣です。

なぜなら、レベル4・5ともなると
今にも発射しそうな状態なので、コントロールが難しいからです。
(このレベルだと、AV男優でさえ止められないそうです。)

射精をコントロールするには、
まず、自分の興奮レベルがどのレベルにあるか?を把握すること、
そしてイク手前の”レベル3”をキープするように努めること、
が大事です。

 

呼吸法を変える

では、どうすれば興奮レベルをキープできるのでしょうか。

テクニックは色々ありますが、
最も有効なのは呼吸法を変えることです。

なぜ呼吸が大事なのか?といえば、
呼吸と自律神経には深い関係があるからです。

 

呼吸の際、
息を吸う時は交感神経が活発になり、
息を吐く時は副交感神経が活発になります。

一方、SEXの時は、
交感神経が活発の時は射精しやすく、
副交感神経が活発の時は射精しにくいです。

ですから、
息を吐く時間を長くするようにします。

そうすれば、副交感神経が活発になり、射精を遅らせることができます。

 

(3)射精筋対策

おしっこを止める筋肉があるように、
人体には射精を止める筋肉が存在します。

それが射精閉鎖筋です。

この筋肉は、年とともに弱くなっていくため、
鍛える必要があります。

しかし、射精閉鎖筋を直接鍛えることは、
筋肉の構造上むずかしいため、代わりにPC筋を鍛えます。
PC筋は射精閉鎖筋と連動しているので、
ここを鍛えれば、射精を止める筋肉を鍛えることができます。

 

 

以上、
早漏対策には

  1. 刺激対策
  2. 興奮対策
  3. 射精(筋)対策

の3つがあるということでした。

 

実をいうと、
これらの方法は全て「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」というマニュアルにあった内容です。

最初は半信半疑でしたが、
このマニュアルに書いてあった事を2週間実践した結果、
私は挿入時間を10分以上延ばすことに成功しました。

現在、最も効果がある早漏対策だと本気で思っています。

くわしくは以下のレビュー記事をどうぞ。

       ↓↓↓

「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」を本音でレビュー

 

アンケート